『「ごめんちゃい」って言ったら許してあげる』って言われても、公衆の面前では「ごめんなさい」でしょうフツウは・・・・。

そんな会話の繰り返しの末に、人は、相手を理解出来るのだろか?

相手を理解しようとする前に、自分の主張は、言う事は聞いて欲しい。そんな現在の人が、特に、ここ10年来そんな状況よく出会う。

メールも、ツイッターもこのブログもその延長上どころか、堂々と王道を歩んで、日々進化している気がする。

話す時間より、文字として、世界中に発信できるネットに、はまっているようだが、所詮、内容のない物は、海に、水道の蛇口をひねっているような物で、垂れ流し状態だ。

そんなハートでしゃべる事が普段から出来ない人は、お客に真の意味を伝えることが出来ないであろう。うわべだけの台詞の羅列・・・・・。

それを、役者に気づかせる、解決するのが 演出  の役目でもあるはずなのに、目から鱗 の言葉を掛けてやれない。

そのもどかしさが、ストレスが溜まっているのは、私の方だ!!と叫けびたいのは私の方だ・・・

稽古でやったこと、出来ないことが本番で出来る訳はない

   ム~ 名言だ。役者はその大多数が、そこんとこ勘違いしている

やって出来ない事はない!やらずに終わる芝居ばかりかな


あと 1週間あきらめないぞ!

  
  女 『ねえ、お姫様、あなたの望みは、何ですか?』

  姫 『・・・・・。』



   女 『言う前にあきらめるからでしょう!』

  女 『見なさいよ、黙っていたら、本当はケーキが欲しいのに、きんつ
     ば出されるのよ。・・・』